じゃれ猫の作り方

@割り箸の先とガチャポンのカプセル(大)に写真のようにキリで竹ヒゴが通る穴を開けます。

*割り箸の方はヒゴがやっと通るくらいの穴 
*カプセルにはヒゴが楽に通る穴をあけて下さい。

A500mlの牛乳パックに割り箸を接着します。

*防水加工の牛乳パックは木工用の接着剤ではつきにくいので、写真のセメダイン工作用速乾クリアかスーパーX2で接着します

B割り箸の穴に竹ヒゴを通しながら、カプセルを取り付けます。

*竹ヒゴの余分な部分はニッパーなどでカットします。

C写真のようにうしろの車輪を作ります。
竹ヒゴの長さ23cm、ストロー9cm

*車輪はカプセル(小)の他にフィルムケースなども利用出来ます。

*穴が大きくてカプセルが固定出来ない場合は糸を巻いてぬけ落ちないようにします。

Dパックの裏側に車輪を固定しますが、ストローは接着剤が効きにくいので、Aの接着剤で止めたあと、テープで補強しておきます。

E厚紙に猫の顔と腕の絵を描いて切り抜きます。

*サイズはパックや割り箸の長さなどとのバランスで考えて下さい。



ホームへもどる


e-mail:mo-3@beach.ocn.ne.jp