がらくた昆虫記
家の中のいろいろながらくたを接着して新種の虫たちを作ってみました。
(写真をクリックすると大きい写真が見られます)

ネジクギクワガタ
背中はバッグなどのベルトの長さを調節する金具です。

ボルトゼミ
腹の部分は太いボルトとナットです。

キャップテントウ
プラスチックのキャップは、接着剤が効かない
ので、なるべく金属キャップを使って下さい。

フックカマキリ
カマはフック、胴体は鉛筆のキャップ、
頭は小さいナットを3個組み合わせ

プルタブムカデ
プルタブどうしは細い針金でつないでいます。

ボルトンボ
細長いボルトにクリップの羽をつけました。

マメキュウバッタ
灯かなくなった豆電球の使い道?

トメガネフンコロガシ
カバンのふたの留め金で作りました。

クリップバエ
小さなボルトにいろいろなクリップの羽をつけてみました。

パッカンチョウ
パッカン!と開く缶詰めのふたがチョウの羽です。

デンチカブト

作り方
 皆さんの手もとに同じ材料があるとは限りませんから、ひとつひとつの虫の作り方手順を紹介しても意味がありません。
 いろいろながらくたを机の上に並べ、何と何を組み合わせれば、どんな虫になりそうかを頭の中でスケッチします。
あとは君の工夫でがらくたを接着剤でつけるだけです。

*どんな接着剤を使うかは次の更新のときに紹介します。


ホームへもどる


e-mail:mo-3@beach.ocn.ne.jp